もう迷わない!国際結婚をして“ 配偶者ビザ ”を貰うまでの超・簡単ナビ

0.はじめに

配偶者ビザ
カップル

日本人と外国人のカップルです。結婚して日本で暮らしたいんだけど、何から始めたら良いのか全然わからないんですよね。


配偶者ビザ
ひよこ先生

じゃあ、僕が日本の配偶者ビザを確実に取得するためのノウハウを伝授してあげるよ!


 

【解説】

当サイトは、日本で国際結婚をして日本の配偶者ビザを無事に取得するまでをしっかりサポートするためのサイトです。

ビザってなに? パスポートってなに?という完全初心者の貴方を、配偶者ビザ獲得までサポートします。

そもそも日本だけでなく、特に先進国では配偶者ビザの取得がとても難しいです。

日本の配偶者ビザが貰えないと、日本以外の国で結婚生活を送る必要があります。

ビザの窓口™にも不許可になってしまったご相談が多く持ち込まれますが、これは配偶者ビザ申請を甘くみて油断してしまったケースが多いです。

でも配偶者ビザ申請のポイントがわかっていれば、むやみに怖がる必要はまったくないんですよ!

当サイトがご紹介するステップをひとつひとつ踏んで行けば、かならず日本で暮らせるようになるでしょう。

 

1.ビザについて理解しよう。

配偶者ビザ
カップル

すみません。そもそもビザってなんですか?


配偶者ビザ
ひよこ先生

ビザは外国人に対して発給する日本に入っていいですよという推薦状のことだよ。


配偶者ビザ
カップル

パスポートとは違うの?


配偶者ビザ
ひよこ先生

ビザは自国への入国を希望する外国人に対して発給するんだけど、パスポートは外国へ出かける自国民に発給するものだから、ベクトルが逆向きなんだよ。


 

【解説】

ビザをご説明するにあたり、誰もが知ってるパスポートからおさらいしましょう。

 

日本人である皆さんもパスポートをお持ちの方が多いと思いますが、どのような時に必要になりますか? 海外旅行や海外出張に行く時ですよね。そしてパスポートは、日本人であれば日本政府から発給してもらいます。

 

ビザは外国に行く場合に、日本にある外国の大使館が発給してくれるもので、うちの国に行ってもいいですよという推薦状です。なぜ許可証と言わずに推薦状と表現しているかと言うと、最終的に入国させるかどうかは空港にいる審査官が判断するからです。

大使館員は推薦する権限はもっているけど、最終的に入国を許可する権限までは持っていない。だからビザをもっていても空港で入国を拒否されることはあり得ます。

 

ビザの発給は自分のパスポートにステッカー状のものが貼りつけられることで行われます。先進的な国のビザは電子化されているのでパスポートには何も貼らない場合もあります。

 

ビザは1種類ではなくいくつものカテゴリーに分かれています。皆さんも観光ビザとか就労ビザというビザの名前を聞かれたことがありますよね?このビザの分け方やどんなビザを発給するかということは各国が独自に決めています。

例えば、オーストラリアでは婚約者のためのビザや事実婚のパートナーのためのビザがありますが、日本にはないのです。

 

推薦状としてのビザには有効期限があるので注意しましょう。

 

2.在留資格を理解しよう

結婚ビザ
カップル

在留資格っていう言葉も聞くのですが、ビザとの違いが分かってなくて。


結婚ビザ
ひよこ先生

ビザは入国についての推薦状だから、何回も使えるマルチビザでない限り空港に着いて入国が許可された時点で無意味なものとなるんだ。

その後日本に合法的に滞在するために空港で新たに貰うステータスが在留資格だよ!


 

【解説】

在留資格とは日本に滞在するための資格で、27種類に分かれています。そして種類ごとに日本で行うことができる活動の内容が異なります。

 

どの外国人にどの資格を認めるかを決定するのは日本の入国管理局という役所です。

 

自動車の運転免許にも種類があって、普通免許しかもっていないのに大型特殊自動車は運転できませんよね?

 

それと同じように、在留資格「短期滞在」の人は就労ができないけれど、就労系の在留資格の人は仕事をすることができるなど、許可された在留資格によってできることとできないことがあるんです。

 

3.【ステップ1】国際結婚手続きを完了させよう!

日本人の配偶者等ビザ
カップル

国際結婚の手続きを教えてくれる?


日本人の配偶者等ビザ
ひよこ先生

国際結婚の手続きは、お相手の外国人の国籍によってまったく変わってくるんだよ。すごくシンプルな国もあるし、とても大変な国もあるんだ。

だから一般論としての国際結婚手続きにはあまり意味がなくて、国別に調べることが大切だよ。


 

【解説】

まずは日本と外国どちらの国で先に結婚手続きをするか決めましょう。

日本は国際結婚の手続きがとてもシンプルなので、先に行っても後に行ってもあまり問題がないので、相手国の手続きとの関係でどちらを先にするか決めると良いです。

 

どちらの国の結婚手続きから始めるかについては、次の点を考慮して決めることができます。

1)カップルである日本人と外国人が今現在それぞれどこの国にいるのか。

2)今後どちらの国で結婚生活を送るのか。

3)日本に査証免除で来日できるか。

 

日本の国際結婚手続きは許可制ではないので、相手国の法律の結婚要件を満たす限り最終的には結婚成立にたどりつけますからあまりご心配はいりません。

 

ビザの窓口™へご依頼のお客様もご結婚まではご自身でされて、リスクの多い配偶者ビザ取得の部分だけ専門家の力を借りる方が大半です。

 

ただし、最終的にはご結婚にたどりつけるにせよ、スケジュールを立てる際には専門家の力が必要な場面もあるでしょう。

どの国でも何がしかの注意ポイントはあるからです。

 

例えば・・・

中国→日本で取得した婚姻要件具備証明書の翻訳は婚姻登記所指定の業者で行う必要がある

スペイン→在日領事館のアポイントがなかなか入らない

サウジアラビア→サウジ内務省からなかなか結婚許可証がでない

モンゴル→在日大使館で外交婚が成立する

ベトナム→賄賂を要求される

ロシア→戸籍事務を担当するザックスが仕事内容を理解していない

ドイツ→日本人に離婚暦があるとドイツへ渡航して手続きが必要

フィリピン→前婚の解消(アナルメント)に裁判手続きが必要

 

4.【ステップ2】配偶者ビザをゲットしよう!

在留資格 日本人の配偶者等
カップル

配偶者の外国人が来日するには必ず配偶者ビザが必要なの?


在留資格 日本人の配偶者等
ひよこ先生

 来日するだけだったら親族・知人訪問目的の短期ビザや、国によってはビザなし(ビザ・ウェーバー)で来ることもできるよ。でも長く暮らすなら配偶者ビザのような中長期の在留資格が必要なんだ。 


 

【解説】

配偶者ビザの取得にはパターンあります。すべての方がすべてのパターンを選択できるわけではありませんので、ご自身の状況に合わせてチョイスしましょう。

1)日本にいる日本人が配偶者を海外から呼ぶ

2)海外に住む夫婦が同時に日本に帰国する

3)短期ビザまたはビザなしで来日して日本で配偶者ビザに切り換える

4)すでに留学などで中長期ビザを有している人が配偶者ビザに変更する

5)別の日本人の方との結婚をしていた方が別の日本人と再婚して配偶者ビザを更新する

 

1)日本にいる日本人が配偶者を海外から呼ぶ方法

入管法が想定している最も王道の方法であり、申請までの十分な時間も確保できるので落ち着いてじっくりと準備ができるでしょう。

 

日本人が相手国へ渡航して結婚をし、結婚証明書を携えて帰国する場合や、お相手が来日することなく日本の市区町村役場で書類のみで結婚する場合などでは、この配偶者ビザの取得方法に落ちつくことが多いです。

 

2)海外に住む夫婦が同時に日本に帰国する

ニーズはかなりある配偶者ビザの取得方法ですが、実際にこの方法で取得することができるのは、日本企業に所属し海外赴任のかたちで滞在されている方などごく限られた方に限定されます。

 

その理由は、海外赴任の方は帰国直後から途切れることなく収入がありますが、現地採用で働いていた方は日本帰国後のお仕事が決まっていないケースが多いからです。

配偶者ビザの申請は契約社員や派遣社員でも慎重を要しますので、完全な無職ですとなかなか通りません。

 

現地採用で働いていた方の大半は、まず日本人が帰国し住居と仕事を確保した上で1)の方法で配偶者ビザを取得しています。

 

海外赴任をされていた方は同時帰国できる可能性がありますが、かなり変則的な方法となるため、専門家へのご依頼を検討されることになるでしょう。

 

3)短期ビザまたはビザなしで来日して日本で配偶者ビザに切り換える

こちらもニーズは大変多いですが、法律で原則として禁止されている方法であるため、この方法をご希望の場合は専門家による代行申請のサポートが不可欠です。

 

インターネット上ではこの観光ビザを含む短期ビザから配偶者ビザへの変更について、「できる」という記述と「できない」という記述があって混乱が見られるようです。

法律の条文に即して正確に表現すると「原則としてできない」です。ただし原則には例外がありますので、例外として許可されることを狙って申請をすることも可能です。

 

その例外は入管法の条文に明記されていて、「やむを得ない特別の事情」がある場合です。「やむを得ない特別の事情」を立証することができれば、この方法をトライすることができます。

 

この方法が原則的に禁止されている理由は、在外公館での慎重審査を回避する方法であるからです。特に査証免除で入国された方は、慎重審査の回避どころか、在外公館での審査そのものを完全に回避することになります。

 

入管法第⚫️条は次のように定めています。

 

短期ビザからの配偶者ビザへの変更はそれなりの合理的な理由があって禁止されていますので、入管に問い合わせをされても、一度帰国して1)の方法で再来日してくださいと指導されることになるでしょう。

 

4)すでに留学などで中長期ビザを有している人が配偶者ビザに変更する

この方法で配偶者ビザを取得される場合の注意点の1つ目は、これまでの日本での在留状況です。

 

在留資格の変更が許可されるためにはご本人である外国人の「素行が善良であること」が求められます。留学生なのにアルバイトばかりしていて学校の出席率が悪かったりすると、配偶者ビザの審査においてマイナスポイントとなります。

 

留学ビザで滞在しているのに「留学生としての活動」をやらなかったり不真面目だった方は、配偶者ビザを許可しても「配偶者としての活動」をやらないのではないか? 真の目的は留学や結婚生活ではなく就労なのではないか?と入管は考えるわけです。

 

2つ目の注意点は在留期限です。在留期限のギリギリにご結婚されており、かつ、交際期間が短い場合は“駆け込み婚”と呼ばれ審査が厳しくなります。

 

5)別の日本人の方との結婚をしていた方が別の日本人と再婚して配偶者ビザを更新する

この方法は非常に慎重さを要します。

パートナーチェンジと呼ばれるこの方法は何れにせよ難度が高いですが次のケースは特に要注意です。

 

a) 日本人と前婚で結婚していた期間が短い

b) 在留資格を更新した直後に離婚した

 

上記a) b)の難度が特に高い理由は、前回の在留資格申請の申請書類の記載に虚偽が含まれている可能性が高いからです。

 

パートナーチェンジの方法による配偶者ビザ取得でもうひとつ大きな注意点は、前婚の離婚をきちんと入管へ届け出たかどうかです。

 

日本人の配偶者等の在留資格を持っている方が日本人と離婚をしたり死別した場合、その事実を14日以内に入国管理局へ届けでなければならない法律上の義務があります。

 

この義務は入国管理局から在留カードをもらう際に小さな書面で通知されているので、知らなかったという言い訳は通用しません。

 

離婚の事実を14日を超過して届け出た方や、そもそも届け出ていない方は入管法違反を犯しており、配偶者ビザの審査でマイナスポイントとなります。日本の法律を守って生活しておらず「素行が善良」と言い切れないからです。

 

5.配偶者ビザの要件を知ろう

配偶者ビザの要件
カップル

配偶者ビザの審査に通るか心配で心配で・・・。注意すべきポイントを教えてくれる?


配偶者ビザの要件
ひよこ先生

条件をクリアしていると自分達だけが思っているのでは意味がないんだよ。

それを証拠で立証したり疎明する必要があるんだ!だから難しいんだね。 


配偶者ビザの立証ポイント①:安定的かつ継続的な収入

正社員であれば試用期間内の方を除いて、一応、安定的かつ継続的な収入があると言えるでしょう。

 

ただし1人が生活をするのにやっとの金額のお給料ですと、正社員であっても夫婦二人が生活をするのに足りないと判断されますので要注意です。

 

出勤日数によって月額のお給料が変わる形態で働いている方も要注意です。専門家へのご依頼が不可欠でしょう。

 

配偶者ビザの立証ポイント②:婚姻の真実性

日本に限らず先進国では、就労目的の偽装結婚が大変多いため、婚姻の真実性のチェックは大変厳しいものがあります。

 

次に該当される方は特に要注意です。これらに該当していながら専門家へご依頼をされないのは、重病なのにお医者さんにかからず自力で治そうとするようなもので危険です。

 

1) 交際期間が短い

2) 翻訳アプリを介して会話している

3) 年齢差が大きい

 

6.配偶者ビザ申請に必要な書類を把握しよう!

配偶者ビザ 必要書類
カップル

 

配偶者ビザ申請する時には、どんな書類を集めるのか教えてくれる?


配偶者ビザ 必要書類
ひよこ先生

OK! それぞれの書類が何の審査に使われるのか意識してね。 


配偶者ビザの審査に必要な書類は次の通りです。

何も考えずただ集めて漫然と提出するのは危険です。きちんと書類の意味を理解したうえで提出しましょう。

 

1 納税証明書、課税証明書

配偶者である日本人が用意します。課税証明書で年収の額を、納税証明書で納税状況を確認されます。

 

納期限が過ぎた未納の税金がある方は支払ってから申請しましょう。住民税を納めることができないほど貧困状況にあるか、遵法精神がないかのどちらかと判断されます。

年収の少ない方は専門家に相談しましょう。

 

2 相手国の結婚証明書

相手国の結婚証明書によって、相手国政府に結婚の事実が把握されていることを証明します。

 

偽装結婚の場合、日本だけで結婚手続きをして、外国人の本国では手続きをせず「独身のまま」にしておくことが多く見られることから、相手国の結婚証明書が要求されています。

 

相手国政府発行の結婚証明書の提出ができないご事情がある場合には専門家に相談しましょう。

 

3 質問書

夫婦が会話で使用している言語や習熟度、結婚に至った経緯、過去の出入国歴などが細かく聞かれます。

審査を有利に進めようと虚偽を記載して犯罪とみなされれば配偶者ビザが不許可になるだけにとどまらず逮捕されます。ありのままの事実を書きましょう。

 

4 身元保証書

日本人である配偶者は必ず身元保証人になる必要があり、親族で代用はできません。

 

日本人である配偶者に加えて親族も身元保証人となることはできますが、加えるべきかどうかの判断は素人では危険です。

 

本来要求されていない親族の身元保証書を追加的に提出することは、配偶者である日本人に経済力がないことを申請人自らが認める行為だからです。専門家に依頼して判断を仰ぎましょう。

 

7.在留資格認定証明書を理解しよう

配偶者ビザ 必要書類
カップル

在留資格認定証明書って配偶者ビザのことなの?


配偶者ビザ 必要書類
ひよこ先生

似てるよね。でも在留資格認定証明書は配偶者ビザそのものではないんだよ。

配偶者ビザの素(もと)となる材料のようなものなんだ。3ヶ月の有効期限があるから注意してね! 


 

【解説】

日本人が海外にいる外国人を招聘するために上述1)2)の方法で入国管理局へ申請をして、入管が無事に許可した時に交付する書面が在留資格認定証明書です。

 

外国人がすでに日本国内にいらっしゃる上述3)4)5)の方法で在留資格「日本人の配偶者等」を申請した場合には在留資格認定証明書の交付を受けることはありません。許可されると入国管理局で「在留カード」がもらえます。

 

1)2)の方法で在留資格を申請した場合、配偶者ビザを最終的に手に入れるまでに日本の2つの役所の審査を受けることになります。

最初に法務省・入国管理局の審査を受け、次に外務省・在外公館(大使領事部、領事館)の審査を受けます。

在留資格認定証明書は、この2つの役所をつなぐ書類です。在留資格認定証明書は入管による一次審査を通過したことを証明してくれます。申請人がこれを在外公館へ提出することにより在外公館は入管が審査したこと以外の事項を審査するのです。

在外公館が主として調査するのは外国人の母国における犯罪歴などです。これらは日本国内にある入国管理局では調査できないからです。

どのような手法で調査しているのかについてはある種の国家機密として公開されていませんが、比較的軽微な窃盗レベルの犯罪でも領事館が把握していることがあります。

 

法務省入国管理局が在留資格「日本人の配偶者等」の在留資格該当性を満たしていると判断し在留資格認定証明書を交付したとしても、外務省が独自の判断で入国が好ましくない人物と判断すれば日本に入国をすることができません。

 

上述3)の方法は、この外務省在外公館における二段階目のチェックを回避する方法なので原則的に禁止されているのです。

 

8.配偶者ビザを専門の行政書士に依頼しよう

配偶者ビザ 必要書類
カップル

配偶者ビザの申請はだれに頼んだら良いの?


配偶者ビザ 必要書類
ひよこ先生

ビザの窓口™がおススメしている行政書士は、配偶者ビザのエキスパートだから安心だよ。

もちろん結果を保証できる専門家はいないんだけど、許可される確率がアップするよ。 

 


配偶者ビザ 必要書類
ひよこ先生

お医者さんが内科医と外科医などの専門にわかれているように行政書士にも専門があるんだ。

だから家に近いという理由だけや、金額面だけから行政書士を選ぶと後悔すると思うよ。

僕がおススメしている行政書士にコンタクトを取りたい方は、下のボタンをクリックしてね。